男というものは女性へプレゼントを贈るとなると実に考え込んでしまうものです。

贈り慣れているよ、という方はいらっしゃるでしょうが、
たいていの男性は、相手、状況、上下、義理、恋愛、感謝など、
贈るときのシチュエーションが人それぞれですから、選ぶのは難しいものです。

贈るからには、相手に感謝の気持ちを伝えたい、喜んでもらいたい、
できれば気に入ってもらいたいと思うのは当然です。

じゃあ、贈る相手である「大人の女性」が受け取ることに対する心理について、
男は知らなければダメでしょう。

男性から女性へプレゼントを贈る可能性のある日は沢山あります。

「3月14日 ホワイトデー」、「12月24日 クリスマスイブ」、「誕生日」、「母の日」、「婚約記念日」、「結婚記念日」、「送別贈り物」、「退職記念」、「個人的な感謝」などなど。

独身男性だったら「結婚記念日」は関係ない、既婚者であれば「ホワイトデーやクリスマス」のプレゼントは今さらいいでしょう、と言ってしまいがちです。

そんなことを言わずに、是非この日を心の繋がりのきっかけにしてみてはいかがでしょう。

 

具体的なお勧めプレゼントについては後半に書きますので、

 

まずは、ここからです。

プレゼント、女性が喜ぶ心理を知る

身近な男性からプレゼントを貰う。 女性にとってはどんな場合でも大変嬉しいことです。 それが自分の恋人や旦那様だったら、どれほど嬉しいことか想像してみてください。 確かに、嬉しくないという方もいると思いますが、少なからずも迷惑な男性だと思われていない限りは、女性の大半が喜んでくれます。

「守ってもらっている」という安心感

女性は強い動物だとよく言われます。 特に子供を持つとされに母性が働き強くなります。 確かに女性は、男性よりも逞しく生きていける資質を持ち合わせていますが、一人で堂々と生きていけるわけではありません。

人は、孤独に対して不安を覚えます。 特に男性は、残されると弱いものです。 だとしたら、女性は強いのでしょうか。

女性は、「自分で自分自身を守れない」から不安を抱くのではありません。

女性は、「誰からも守ってもらえない自分」に対して不安を感じるのですね。

 

年齢を重ねても女性は、自分の身だしなみには、とても気を使います。 お化粧を欠かさず、洋服にもこだわり、自分の楽しいライフスタイルを求めます。 自分自身に価値を見出したいのです。

職場なら、「いつも助かってます」、「気を使ってくれてありがとう」、「おかげで職場が明るいよ」。

恋人なら、「笑顔が素敵だね」、「一緒にいれるだけで嬉しいよ」、「いつも見ていてくれてありがとう」、「大好きだよ」。

旦那様なら、「その服似合ってるよ」、「髪型変えたね、とても似合うよ」、「いつまでも綺麗だね」、「まだまだ若いね」「いつもありがとう」。

そう言ってあげていますか?

 

女性は、「私にはそれだけの価値があるんだ。ちゃんと見てくれている!」と分かる、
これこそが守ってもらえている」と感じる瞬間なんですね。

女性同士で盛り上がるお仲間も最近は多くなりました。 女性もある一定の年齢を重ねると、楽しく付き合える友達やサークルでワイワイやることへ大きな価値を見出していきます。 「別に、急いで結婚しなくてもいいか」と諦めるというより、「現状の楽しさ」を肯定するようになります。 その理由の一つが、仲間のうちでは「自分には価値があり、みんなが見てくれる。一緒に楽しめる。」ということなんです。

一番怖いと思っているのは、「誰も私には関心がない。誰も自分を幸せにしてくれない。」という状況です。 女性が不安に陥る最大の要因なんですね。

 

そういう意味からすると、プレゼントを貰えるということは、「自分への関心」を確認できる最大の行為です。 その時、彼女の関心はしっかりあなたへ向きます。 少し下世話な言い方をすれば安心料を払ったことになります。

男から見たプレゼントは、単なる儀式と思うかもしれませんが、女性から見たプレゼントにはそんな大きな意味が隠されているのです。

 

不安を払拭してあげよう

「心がつながっている」という証拠がプレゼントです。 そう思ってください。

先ほど「安心料」という言い方をしましたが、女性は「プレゼント=お金の問題」ではなくて、「大切に思ってますよ」という「安心感」を得たいのですね。

プレゼントは、より良いものをより高いものを探すことが重要ではないと思います。 相手に対する気持ちが現れるものなのです。 その気持ちを込めれば、彼女の「不安は払拭」されますから。

特に、女性は、「安心感」というものが自分にとって重要かということを、無意識レベルで感じています。 これは性としての本能でしょう。

幼いころから、「女の子なんだから」、「女の子がさき」、「女の子にはやさしく」、大人になっても「レディーファースト」、「男性から守られる」と特別扱いされてきました。 そして子供を産むと「自分が生んだ可愛い子」と母性に目覚め、「愛している」という強い感情がいっそう生まれ、「愛されたい」という本能はより強くなります。

ですから、女性は強くなれますし、逆に「愛されていたい」という不安も芽生えてくるのですね。

たまのプレゼントの大事さ、世の男として知っておくべきです

 

女性の心理を押さえたところで、

年代別で、喜ばれるプレゼントとは何かを探ってみます。 選び上手な方は読まなくて結構ですが、私たちのような「何がいいの?」と迷ってします男性へまとめてみました。

おススメの前に女性が貰って「困った!」というモノから押さえておきましょう。

 

まずは貰って困るモノを

1.ホールケーキ

なんでプチケーキじゃないの、食べにくいしこんなに沢山食べれない。 職場へ持って行くなら、百均でお皿とフォークを買い足して渡しましょう。

2.下着・服

下心ありできもちわるい。想像されても困る。サイズが合わないかもしれない。

3.高価なブランド品

あまり高価なものを貰うとお返ししなければということになる。 勝負に出るならいざしらず、好みもあるので要注意です。 リクエストがあったとしたら、もうそれはサプライズではありませんので、彼女には織り込み済みです。

4.置く場所に困るモノ

ぬいぐるみ、観葉植物など。 大人女子は小物がいいですね。 お部屋のどこに置くの、処分もしづらいし、やはり困りものです。

5.お守り

呪いのお守りでもあるまいし、ありがたいものなのかもしれませんが、やはり信仰もありますし、贈るものではないような気がします。 これを贈るときは、進学、就職や安産などこちらが「あなたの願いを祈願している」ときでしょう。 自分の願いを込めて贈ってはいけません。

さて、ここからは年代別のプレゼントおススメ一覧です。

私も気に入っている「JOOY」のサイトから参考にさせていただきました。

個人的にこれは良いと思ったものや、過去の成功事例にはつけておきますね。

 

女性が喜ぶ年代別プレゼント

 

☑ 20代後半女性へ

1.普段買わないような高級スイーツ

  • ピエールのマカロン
  • ショートケーキ、カップケーキ

⇒ 職場への女性の皆さんへ

2.職場の大事なOL女子へボールペン

  • スワロフスキー
  • モンテベルデ
  • パーカー5th

⇒ 上司から信頼する部下の女性へ

3.キッチングッズ

  • 果物皮むき チョイむき スマート

⇒奥様へ、または仲間どうしのパーティー向き

4.美容グッズ

  • かわいい加湿器 Vidrio ヴィドリオ 超音波加湿器
  • マッサージクッション
  • デスクヒーター

⇒ OLの彼女へ

5.ハンカチ

  • イブサンローラン
  • ジルスチュアート

これは微妙。別れのハンカチということもありますので。

それよりも、海島綿=シー・アイランド・コットンの「イニシャル入りハンカチ」を贈るとプレミアム感があり喜ばれますよ。

⇒ これは私もかつて成功しました。

6.枯れない花

  • TEATSIGHT プリザーブドフラワー

⇒ ドライフラワーは死んだ花だと嫌う人もいますので私はNGです。

7.アロマグッズ

  • ノルコーポレーション ミルフラワーズアロマギフト
  • ローズドットボックス

⇒ 女性はたいてい何かしらのアロマは持っていますし、好みがありますのでNGです。

8.ティーセット

⇒ このセットは可愛いです。 ちょっとセンスいいですね。 年代超えておススメです。

9.バックチャーム・バックハンガー

  • COACH コーチ キーリング
  • ネコ型バッグチャーム&バッグハンガー

⇒ これは恋愛の最初のころには最適です。気軽ですし。

10.癒しのキャラグッズ

  • Fridgeezoo HOGEN ペンギン
  • フワフワ 柔らか かわいい ネコ クッション

⇒ 友達以上、恋人以下の女性友達への贈り物にしましょう。

☑ 女性が好きなブランド

<アパレル系>
  • ジェラートピケ

 ブランドを代表するルームウェアやルームスリッパ、ヘアバンドなどもおすすめ

  • ANNA SUI

    ハンカチやポーチなどがお勧め

  • TSUMORI CHISATO

    ネコ好きの彼女にはいいかもです。

  • ROOTOTE

    トートバッグを専門。おすすめは3,000~4,000円というちょうどよい価格帯で買える

  • Marimekko

    おしゃれで個性的な女友達へ。独特の世界観が魅力的なデザインはインパクトも抜群

<コスメ系>
  • THE BODY SHOP

    特に女性から人気なのが「ボディバター」と言うボディクリーム

  • LUSH

    新鮮な野菜やフルーツを原材料として使っている石鹸をハンドメイドで作っているブランド

  • L’OCCITANE

    大人女子から不動の人気を誇るコスメブランド

  • Francfranc
  • MARY QUANT
<スイーツ系>
  • ゴディバ

    高級チョコレートの代名詞

  • デメル

    アニマルモチーフの箱や缶から人気が高まったスイーツブラン

  • Laduree

    今や日本でもスイーツとして抜群の人気を誇るマカロン

  • Magnolia Bakery

    NYのカップケーキ店

  • LeTAO

    小樽発のチーズケーキ有名店

 

☑ 30代女性へ

1.お花

 メインのプレゼントに添えて一輪のバラをラッピングして贈ってみよう!

2.スイーツ

  • マカロン
  • 濃厚チーズケーキ

3.ハンドクリーム

  • ロクシタン
  • ジルスチュアート

4.入浴剤

  • LUSH
  • Badefee

5.ゴージャスなランチ

6.センス光るハンカチ

  • バーニーズニューヨーク
  • イリナム

7.アロマグッズ

  • ROSY RINGS
  • Patech

8.癒し系グッズ・チケット

9.お酒

  • クラフトビール
  • ワイン

10.キッチングッズ・調味料

  • トリュフソルト

    こんな高い調味料は自分ではなかなか買わない。料理が好きな私にプレゼントされると「自分のことをわかってくれてるんだ」と好感度かなりアップだと思います。 結婚を申し込む前のプレゼントとしておススメです!

  • 炭酸メーカー

 

☑ 40代女性へ

1.お花

2.スイーツ

  • 取り寄せ
  • Kirisima
  • マカロン

3.メイクグッズ

  • これは以前お世話になった方へ送りました。 プロも愛用している化粧刷毛ですから大変喜ばれましたよ。

  • ちりめん手鏡

4.贅沢なフルーツ

5.リラックスグッズ

  • アロマミスト
  • バスライト

6.和風小物

  • 風呂敷
  • 扇子

    これは、お祝いのお返しで使いました。 好みもありますが、京都でわざわざ選らんだものを贈りました。気に入って使っていただいてるようです。

7.イニシャル入りハンカチ

8.良い材質のお弁当箱

9.上質なボールペン

10.上質な革小物

☑ 50代女性へ

1.バック

2.お花

3.温泉旅行

4.和装小物

5.美容機器

6.キッチン家電

7.ハンドメイド品(アクセサリ・小物)

8.ファッション小物(財布・スカーフ)

9.アクセサリー

10.お菓子

 

☑ 贈り物 まとめ

年代を問わず女性に喜ばれるものは、「お花」です。 一輪でもいいですからラッピングをしてプレゼントに添えてみましょう。 思いがより伝わるはずです。

20代から40代まで「スイーツ」はやはり定番ですね。 一口サイズの美味しくておしゃれなスイーツを選んでみましょう。 「高級フルーツ」という手もあります。

お世話になった方には、好みを考えて「和装小物」や「メイクグッズ」なんかも粋です。

お友達や、奥様へは、「美容グッズ」や「キッチングッズ」がいいです。

アクセサリーは親しい間柄以外は避けた方がいいと思いますが、奥様や恋人への記念日には、せいいっぱい選んだ「アクセサリー」は嬉しいものです。

プレゼントについては参考程度まで。

 

一番大切なのは、プレゼントに相手を思いやる気持ちをどれだけ込めるかですね。

是非、気持ちを込めて贈りましょう!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

(Visited 1,616 times, 4 visits today)