1月7日は、「春の七草」

七草粥”(ななくさがゆ)の日です。

なぜ、その風習は始まったのか?
どのような意味が隠されているのか?

それは、現代でも起こっている、
ある災いから逃れるためだったのです。

では、その真相を見ていきましょう。

七草の起源と意味は?

“七草がゆ”は、無病息災を願って、平安時代から始まったと言われています。
お正月のお祝い膳やお祝い酒で弱った胃を、休めるためとも言われていますよね。

そんな、“七草がゆ”、
日本各地で様々な行事の過ごし方があるんですね。

例えば、伝統的なまじないのを唱えたり、
近所を7軒回って雑炊を貰ったりと、
風習は、各地で微妙に分化しています。

まずは健康を願って、“七草がゆ”をいただいてみましょう。
最近は、スーパーやコンビニでも便利なパック商品が売っています。

そもそもの起源は、古代中国にあった。

日本の起源は、平安時代だといわれていますが、
古代中国の占いの風習がその発祥です。

その前に、
1月7日が、“七草の節句”というのをご存知でしたか?
“人日の節句”とも言われています。

下の3月、5月、7月の節句は結構知られていますよね。

1月7日の“七草の節句”(人日の節句)、
3月3日の“上巳の節句”(桃の節句)、
5月5日の“端午の節句”(菖蒲の節句)
7月7日の“七夕の節句”(笹の節句)
9月9日の“重陽の節句”(菊の節句)

これを5節句といいます。

中国では、「五行思想」というものがあり、
万物は5つで構成されるものから存在するとしています。

~ ちなみに、個人的には、
4月4日の“おかまの節句
も根付いてきたと思っているのですが。
この日は、釜飯を食べてお祝いするのだとか。
TSとTGを支える人々の会」という
性同一性障害を支援するグループの会が、
正式に制定しています。 ~

これはさておき、七草に戻ります。

“七草の節句”が、どうして“人日の節句”と言われるのでしょう。

ここで話は、中国に話は飛びます。

古代中国では、正月一日から、
鶏(とり)、狗(いぬ)、猪(いのしし)、羊(羊)、牛(うし)、馬(うま)
の順番に、獣畜を大事にするために、その占いを立て、
七日になって人を大切にする占いを始めたということで
人日の節句”となっています。

平安時代に、日本にあった
「若菜を摘んで食べる風習」と交わってできたものが、
今日まで続く“七草がゆ”の原点なんですね。

この占いは、新しい一年の運勢を占うものでした。
この日の天候も、その一年を占うもので、
晴れなら幸ありということで喜ばれたそうです。

唐の時代には、「七種菜羹」(しちしゅさいこう)を食べて、
無病息災のまじないをしたとのことです。

これは、日本の“七草の節句”の唱え言につながってゆくのです。

それでは代表的な七草囃子(唱え言)をあげると、

「七草なづな、唐土の鳥と日本の鳥が、渡らぬ先に、...。」
「唐土の鳥が、日本の土地に、渡らぬ先に、七草叩いて、ヤーホヤーホ」

地方によって言い回しは、何種類もありますが、
これは、鳥追い歌です。

穀物を作る上では害となる鳥を追うという意味もありますが、
古代では、疫病は外界からやってくるものという考え方がありました。
外界からくるもの→渡り鳥と→唐土の鳥いう発想ですね。
日本の鳥というのは、よくわかりませんが、日本の土地を意味しているのでしょう。

もっと、つっこんで調べてみると、

「唐土の鳥」が何か?ということです。

六世紀ごろの中国・梁代の「荊楚歳時記」に、
正月七日に“鬼車鳥”(きしゃどり)という怪鳥が飛んでくるのを、
床を打つなどして追い払う風習が記述されており、
これが元ではないかと言われています。

しかし、中国の文献には七草を打つことは見当たらないので、
これを忌むということは、
家々が門戸を打ち、明かりを消してこれを払うことに
七草を打つことを掛けたのだと思われます。

昔からの風習とはいえ、現代でも私たちにとって、
鳥インフルエンザの脅威としてずっと晒されているのです。

“七草がゆ”を食べたからといって、
「鳥インフルエンザ」から守ってもらえるとはけっして断言できませんが、

季節や時候、節気など、
先人の教えを聞きながら、

季節の習慣を大切にしていくことは

心と体の健康を保つ上で、
先人の教えとしてありがたいことだと思います。

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

(Visited 63 times, 1 visits today)