金曜日平日、お仕事仲間と福岡県「柳川」にやってきました。

 

福岡空港から車を走らせること1時間少し、

なんと、“ウナギ”を食べるためだけに東京からやってきた3人の、地元ガイド役での出番です。

 

果たして、この街にはどんな面白さがあるのか。

そこのところをご紹介しますね。

 

知らなかったよ、柳川!

 

ここの有名どころといえば、ひとつめ、

 

 | 松岡修造氏が勉強した町

まずは、意外と知られてないのが、

あの熱すぎる男、「松岡修造」先生が、高校2年の時にテニス名門校、ここ柳川高校へ編入するのですね。

ここで彼は、個人では味わえない団体優勝というものを得ます。

しかしその後、休学し、海外遠征を繰り返し、運命的な出会いもあって、結局はアメリカで高校を卒業し、プロになる決意をするんです。

柳川は、修造さんが世界へ飛び出す礎を築いてくれた街なんですね。

 

 

 | 北原白秋の故郷

さらに誰でも知ってる明治から昭和にかけて活躍した、

詩人であり童謡作家であった「北原白秋」先生が育った町なのです。

現在の伝習館高校から早稲田大学へ進みました。

代表作としては、26歳の時に発表した「思いで 抒情小曲集」。

これば文壇へ華々しく登場した出世作だったのです。

次に28歳の時に発表した、東京景物詩」でしょうか。

当時の文明開化の最先端に乗るような数々のキーワードが作品の中に多く散りばめられています。

 

ほんと、今でいう「粋」な人だったのです。

 

結構、名言も残していて、こんなのあります。

苦悩は我をして光らしむ、苦悩は我が霊魂(たましい)を光らしむ

いかがでしょう。 なんか“ぐっと”きませんか?

 

童話作家でもあった白秋先生は、こんなことも言っています。

 

子供に還らなければ、
何一つこの忝(かたじけな)い大自然のいのちの流れを
ほんとうにわかる筈はありません。
童心に還ることで見えてくるものがあるのでしょうね。

 

さすが、素直で清らかな目をもっているゆえんです。

 

 | 武将 立花宗成 誾千代 が大好き

 

立花宗成は、戦国時代の武将、

秀吉の時代から家康の江戸時代までを、波乱万丈の人生を生きぬいた、

わたしにとっては、とてもカッコいい人物です。

 

葉室 麟」さんが書いた時代小説「無双の花」を読んで、すっかりファンになりまして、何度も柳川を訪れました。

(戦国無双より)

大好きさんが話しますと、話が長くなりますので、この話は次にいたします。

 

そうです。

立花宗成は、PSの「戦国無双4 流浪演武」のキャラクターでもあるんですね。

 

 | あ! 琴奨菊優勝おめでとう!

ごめんなさい。 柳川が生んだ琴奨菊。

わすれてはいけませんよね。

 

日本人力士の10年ぶりの優勝(14勝1敗)でした。

31歳、陰で支えた夫人の祐未さんも美人です。

 

奥さんは東京生まれですが、おやじさんが柳川生まれらしく、地元建設会社の倅である、琴奨菊は縁を感じたそうです。

 

ということで、琴奨菊、来場所である大相撲大阪場所、がんばってください

 

 | 柳川は水郷と川下りで有名です

 

「水郷柳川」 「柳川川下り」で有名です。

水郷の周りには観光名所が、

① 旧 立花家 別邸 「御花」

② 柳川城 跡

③ 柳川城 堀

④ 並蔵 川沿いに鶴味噌醸造のレンガ造りの倉が並んでいます。

 

川下りは、「どんこ舟」にのってゆったり堀川を廻ります。 料金は大人1500円だったけな。

寒いこの時期は、船にコタツと粋な計らいでしたよ

 

 | 今回の目的である、「ウナギ料理」

 

柳川には有名なウナギの料理屋さんが何軒もあります。

そう、目的は「うなぎのせいろ蒸し」です。

今回は、お堀端にある「若松屋」さんの離れでいただきました。

 

秘伝のタレでつくるかば焼きを器に入れてせいろで蒸すんです。

それがこちら、 

 

そして、じゃ~ん! 「上」です。

 

それはそれは、ほっこり熱くて、箸でつまんでは、ふ~ふ~しながら食べました。

ボリューム満点ですよ。

錦糸卵は熱で固まってましたが、山椒は見当たらなかったですね。 椀にはうなぎの肝が入ってました。 でも、タレもしっかりした甘口で焼きも焦げ目が香ばしく、美味でしたよ。

東京3人組の1人は、せいろ蒸し初体験だったらしく、感激していました。

 

 | 古民家にゆったりCafeが

 

いや、こんなところにありましたか! というほど、堀端の住宅地を左に右に折れますと、ございました。

古民家カフェ 「すずめの時間

それがこちらです。 ↓

水郷柳川を縦横に流れる堀割を舟で巡る川下りの終着点近くです。

「御花」から「旧戸島邸」へ抜ける静かな小道「江戸小路」に残る古民家を改装。

庭は、江戸時代の侍屋敷のもので、横を流れる堀割から水を引いた池泉回遊式の庭園でした。

 

入口と上がり間に童話を中心に、ご当地ゆかりの方の本を並べた、ブックカフェ(本屋&喫茶店)です。

 

「すすめの時間」の由来はなんでしょうね。

ゆったりしたナイスキャラのマスターに、尋ねるの忘れました。

 

多分ですが、白秋さんが作詞した「舌切雀」からとったのですかね。

 

それが、 こちら ↓

奥の8畳間には、4人掛けのテーブルが2セット。 座卓ですからゆっくりくつろげます。

 

また、縁側があり、そこには籐の回転椅子を置いてます。 ひだまりの中でCoffeをいただきながら、おしゃべり。

ごめんなさい。 ついつい、3時間も居座ってしましました。 平日ですから許してくださいね。

 

ということで、ネットビジネスや経営のことを、さらには将来、時代はどう変わっていくか、人を仕事としていかに教育していくか、 などなど

我々、大満足で柳川を後にしました。

 

~ まとめ ~

 

ということで、~まとめ~というほどではありませんが、

是非、一度、柳川水郷あたりでまったり過ごしてみてはいかがでしょう!

素晴らしいひと時が味わえるかもしれませんよ。

 

<個人的意見> 歴史的にはマイナーだと思いますが、「立花宗成」の生涯をNHKの大河ドラマで使っていただけないでしょうか! 内容としては、登場人物も多く、時代の変遷も厚く、魅力たっぷりのドラマになること間違いなしです。

地域にはそんな痛快キャラクターが沢山いらっしゃいますね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

(Visited 150 times, 1 visits today)