運が良い人、運が悪い人、
その特徴を挙げればきりがないですよね。

では、「運が良い悪いってどういうこと?」から考えてみましょう。

まず結論から先に言いますと、

今から未来へかけての意識のベクトルが、「上向き傾向」か、「下向き傾向」かの違いです。

言い換えると、「肯定的(ポジティブ)」に捉えたか、「否定的(ネガティブ)」に捉えたかの違いですね。

運の良い人、悪い人、検証!

意識がポジティブに向かっているならば、ネガティブなことはあまり目に入らなくなってきます。逆にポジティブなことが多く目に入ってきます。
自分にとって“良い”と思うことが起こる確率が高くなるのですね。

他人の評価は関係ない!

それでも人から見て「運が悪いよね。要領が悪いんじゃない」と思われても大丈夫。
本人にその意識が薄ければ、次もまたポジティブな姿勢でポジティブな事象を引き寄せる確率は衰えないわけですから、限りなく確率は上がって行くんです。

そう、他人がよく「あいつは運がいいやつだ」、「運が悪いやつだ」と評価しますが、他人がどう思おうと実は関係ないのですね。

確かに、一時的に仲間外れにされたり、世間から取り残されたりすることはあるでしょう。

でも大丈夫です。

問題は、起こった事象をあるがままに受け入れ、どう意識の中で処理したか、なんですね。

自分自身の意識が重要!

私たちは、過去にふりかかった事象に対して、「運が悪い」と思えば、それが起こることを恐れます。意識の中で忘れていませんから自分の行動すらも疑心暗鬼となり、いつも悪い方向、悪い方向へ行っていないか心配になります。ネガティブな連鎖が脳の中で繰り返されるのです。

運が悪い人の特徴がまとめられてましたので、ちょっとここでご紹介しますね。

“運が悪い人”の特徴

1.なかなかチャンスに巡り合えない、巡り合えてもそれに気づかないことが多い人

2.マイナスにしかならない人と良く出会ってしまう人

3.幸運につながるような出来事も途中で判断を間違い、タイミングを逃しいつのまにか不運に変えてしまう人

4.人間関係に恵まれずチャンスがあっても、人からのサポートを得られないため、成功に結び付けれない人。また、周りにいるのは同じく運の悪い人。いつも仲間で不満や愚痴を言っている人

5.ネガティブ思考で悲観的な人。不安やストレスに弱い人

6.いつも嫌な予感を持っている人。何をするにも失敗するような気がして未来に良いことはないもないと感じ、何も起きていない状態で沈み込んでいる人

7.古い習慣にしがみつき、新しいことに否定的な人

8.自分に自信がなく周りの意見に振り回される人。なかなか決断できず、チャンスを逃がし最後に下した決断も、後から振り返ると間違っていることが多い人

9.考え方が固定的で視野が狭く、せっかくやってきているチャンスも気づかず、いつもチャンスや予兆を逃す人

ということは、「運のいい人」を目指すには、これと逆のことを考え行動すれば良いってことですよね。

では、これをひっくり返してみます。

“運が良い人”になるためには!

1.チャンスに巡り合えたかどうかは分からないけど、ピンときたら(楽しい・ワクワク・面白そう)とにかくやってみる。行動ですね

2.いつも同じ仲間とつるんでばかりいなくて、新しい出会いも受け入れてみる。オープンですね

3.タイミングを見計らうより、ポチポチ前へ進んでみる。継続ですね

4.いつも笑顔で接してみる。楽しい話をなるべくしてみる。フレンドリーですね

5.不安は自分の頭が作り出しているだけ。反対に成功イメージを頭に作り出してみる。ポジティブですね

6.過去に囚われているだけ。過ぎたことより今を大事に過ごしてみる。今に生きるですね

7.人も世の中も変化しています。自分も変化の中にいることを意識してみる。変化対応(挑戦)ですね

8.ちょっとの迷いや優柔不断はいいんです。それでも自分で決めてみる。後悔は無いですね

9.人の話をよく聞いて、怖がらずに人にたずねてみる。コミュニケーションですね

決して難しいことではありません。

 

ご一緒にポチポチ始めませんか!

 

運(意識)というベクトルを上向きにするだけ!

運というベクトルが上向けば、下に向いたベクトルとの距離は時間とともにどんどん離れていきます。

「わたしの運のベクトル、上を向いてるかな?」と意識するだけで幸運は必ず訪れると信じましょう。

何か神頼みみたいですが、これは神頼みではありません。これは「自分頼み」です。

 

~ まとめ ~

運の良い人、運の悪い人、確かにいます。 しかしそれは、人から見ての相対論で、絶対なものではありません。

運の良い人は、運が上向く(ベクトル)意識を常に発生させています。

誰にで運の良い人になれます。

運が上向く意識を常に発生させようと、トライしたり、努力したりすることで、その確率は高まってきます。

「ポジティブな意識」にすることは、自分が思えばできることです。「神頼み」ではなく「自分頼み」してみましょう

(Visited 170 times, 1 visits today)