人はいつも頭の中でいろいろなことを考えています。
常に何かを考え、常に何かを思っていますよね。

どうしたら願いは叶うのでしょう?

「願望を強く思えば、願いは叶う!」

ただ、これだけなのです。

その思いを私たちの潜在意識に働きかけけるんです。
強烈にインプットするんです。

すると、あなたの思いは実現します。必ず!
それがまず思考のスタートです。

いきなりこんな風にたたみかけられるように言われると、
正直戸惑っちゃいますよね。

そう、ちょっと待ってください。

「え? 本当に? 強く思うだけで?」

たぶん、半信半疑な人が多いことでしょう。

強く思うだけでいいなら、「毎日宝くじ当たらないかな!」
「お金持ちになりますように」とか、

そろそろ「いい人に巡り合いますように」、
「会社で早く出世して給料上がりますように」とか、
いつも言っていますよ。 と。

確かに!

満員電車にもまれながら、「いつかフリーになって成功してやる」
って、心の中で叫んでいませんか?

会社で嫌なことがあったときに、「ばかやろー! いつか見てろ!」
って、トイレで叫んでいませんか?

ですよね。

じゃあ、思っているのに何故叶わないの?

思っているだけじゃ、ちょっと弱い!

それは何かが足りないのですね。
そうです、足りないのです。

ひとつ目は、“思いの強さが足りない”のです。

漠然と思うのではなく、
「どうしても」「ぜひ」という心の奥底からの強い欲求が伴ってこそ、
その思いというかその想念は、私たちの「潜在意識」へと刻み込まれるのです。

ということは、「成功できなかった」「だめになった」という人は、
心の底から願っていなかったんだということです。

願いは、具体的にはっきりと望みましょう!

ふたつ目は、“より具体的にはっきりと望む“ことです。

漠然と思うのではなく、
「なりたい自分」や「やりたいこと」をはっきりさせれば、
進む方向が明確になり、「何がなんでも」という欲求が高まって来ます。

その意識の高揚感が、さらに強く潜在意識にインプットさせます。

ここで潜在意識が何故、私たちの行動や未来に関係するのか?
ここを考えてみましょう。

ここで、かの有名な「マーフィーの法則」があります。

とりあえず、マーフィーってどんな人?

マーフィーは、1898年5月にアイルランドで生まれました。
主にアメリカで牧師として長年活動するかたわら、
本を書いたり、講演をしたり、教育者としても活動していました。

マーフィーは、潜在意識を活用した願望の達成法を説き続け、
今でも親しまれる世界的に有名な人生の偉大な指導者となりました。

マーフィーの言う「潜在意識」とは、辞書では、

自覚されることなく,
行動や考え方に影響を与える意識。
心の奥深い層にひそんだ意識

と解説されています。

一方で、脳科学的に潜在意識を否定するかのような記述もあるんですね。
ちょっと分かり難いですが聞いてください!

「自覚されることなく行動や考え方に影響を与える」とありますが、
行動や考え方は、少なからず意識されるから行動できるのであって、
無意識では行動しない、というものです。

無意識であるのは眠っている時くらいであって、
体の内部器官は、自律神経による生理的なコントロールを受けているだけだと。

こうも言っています。

無意識を意識することができますか? と。

「まあ、私は確かに無意識が分かりますよ。 今、私は無意識で~す。」

という人は、多分いないと思います。
ちゃんと、しゃべっていますのもね。

~ まとめ ~

信じ続けるということが前提ですが

1.願望を強く思えば、願いは叶う!

2.願いは、具体的にはっきりと望もう!

 

さ、今から始めましょう!

 

~ おまけ ~
潜在意識? ふかぼりしてみましょうか。 ↓

じゃ、いったい潜在意識って何なのよ。
って、言いたくなりませんか?

これについては、当ブログ内の記事
「潜在意識とは何?脳へのすりこみだ」
を読んでみてくださいね。

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

(Visited 857 times, 1 visits today)