今回は、気まぐれで動画を作ってみました。

どうしてかというと、いくつかの理由が重なったからです。

あくまでもプレゼンの可能性を模索してでのことですよ。

データ分析ソフトでこんなことも?

ひとつは、分析ツールはふだん「タブロー(Tableau)」 ソフトを使ってるのですが、

新しいv9.2に日本分析というサンプルファイルがあったので見てみると、

「ゴジラ」の話題がシートとしてあったんですね。

 

もうひとつの理由は、お友達がゴジラが大好きでFacebookにいつもシェアしてるんです。

進路の動画が見当たらなかったので、ちょっと作ってみるか、くらいの勢いです。

 

ゴジラの進路を分析ツールにプロットしてみる

ゴジラの破壊地点とその場所の土地価格を地図にプロットしていくんです。

「なかなか面白いこと考えるじゃない」

ついつい反応してしまい、これだけでは面白くないよな、と考え、

アレンジしたくなったのですね。

 

分析ツールのタブローは、なかなかの優れもので、

慣れればけっこう簡単に様々なグラフや表が作れるのです。

それもExcelなどと違って、フィルターをかけてその場でグラフを変化させたり、

地図とも連携できるなど、そのビジュアライゼーションは画期的です。

破壊進路を地図に落とす

ということで、破壊した建物の緯度・経度を日本地図と連携させて作成します。

 

「ゴジラ」が東京湾に現れ東京の街を破壊しつくしながら、

最後、東京湾で泡と消えるまでの「破壊進路」の作成です。

 

ゴジラ画像やエピソードも貼付したい

単なる、破壊点が地図上で移動するだけだと面白くないので、

その時のゴジラの画像や映画のエピソードも入れたくなるじゃないですか。

 

ということで、グラフ点の航跡をひとつずつJPEGファイルに落として、

それに画像やテキストを挿入したものを作りました。

 

それから、ウィンドウズについてるムービーメーカーで編集しただけの代物です。

ざっと、作成時間は2時間くらいでしょうか。

画像の出来上がりは、手作業でもできるが

凝ったものにしようとすれば、まだまだやることはいっぱいありますが。

とりあえず、サンプル版として作りました。

この作業が一つのソフトでできるといいのですが、それはちょっと甘えすぎかな。

 

ちょっと弁解させてください。

この動画は、あくまでも「分析結果の新しいアプローチ」や「ビジュアルなプレゼン」に

いかに利用できるかを狙っただけですから、あしからずです。

 

ということで、サンプル作品をご覧ください。

ゴジラのテーマ、音楽つき作品にしました。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

(Visited 196 times, 1 visits today)