最近では当たり前のようによく使われている、

「引き寄せる」という言葉。

その言葉の意味は?

幸運をつかみ取るためには、どうすればいいのか?

それを説明するのに、わかりやすいエピソードがあります。

 

その前に、

“引き寄せの法則”を有名にしたのは、

「ザ・シークレット」
(2006年に刊行、ロンダ・バーン作)。

いろいろと物議をかもした本ですが、
それはさておき、「引き寄せとは何でしょう?」

それを今から紹介します。

アンソニー・ロビンズ氏はアメリカの実業家であり、
また、NLPなどの手法を使った能力開発法の大家としても有名な人です。
24歳で億万長者になったことでも有名です。

そんなロビンズ氏、

通りを歩いていると、一人の乞食が近づいてきて、
次のように言ってきたそうです。
「だんな、25セント恵んでください。」

 

ロビンズ氏は考えました。

「無視して通り過ぎるのもかわいそうだ、
かといって、お金を恵んでやれば彼の依存心を助長するので、
彼のためにもならないだろう。」

そして、ロビンズ氏には、一つのアイディアが浮かびました。

ロビンス氏は、財布から札を出すと、乞食の前で札を数え始めました。
そして間もなく、札を数えるのを止めて、

「あっ、25セントでしたね」と言って、ポケットに手を突っ込みました。
そして、ポケットから25セント硬貨を1枚取り出すと、
それを乞食に渡して、
人生は、あなたのリクエストに応える
と言って去ったそうです。

 

何を教えたかったのか?

彼は、たくさんのお札を持っていたのですが、

「25セント恵んでください」という乞食のリクエストに応えて、
25セントを恵んであげたわけです。

そして、

人生は、自分が望んだ以上には実現しない”ということを、

乞食に教えたのです。
その乞食が、乞食に甘んじていたのは、
人生に対してリクエストすることをあきらめていたからです。

人生は私たちに、無限の贈り物を用意してくれています。

しかし私たちが、わずかしかリクエストしなければ、
わずかな贈り物しかくれません。

 

私たちは、人生に、
どんなに大きなリクエストをしてもOKだと言っています。

“人生は、あなたのリクエストに応えます” と。

 

この話は、「引き寄せの法則」を
わかりやすく相手に教えてあげたエピソードですね。
それにしてもなかなか「粋」ですね。
そんなユーモアと人生の金言をさらりと言える人になりたいものです。

 

~ まとめ ~

生きていく上で、

私たちは、大きな望みを抱くのか、小さな望みに甘んじるのか。

それは、その人の生きてゆく上の、
環境も含めた価値観の問題でしょう。

ですが、その望み以上のものはなかなかやって来ないということです。

「少年よ、大志をいだけ」とクラーク博士も言ってます。

恐れずに、志と夢と希望は大きくてもかまわないということです。

 

最後までお読みいただき、、ありがとうございます。

(Visited 83 times, 1 visits today)