はじめまして。

リュウノスケといいます。

年齢的にだいぶポンコツになってきましたが、

今までできなかったことに挑戦しよう!
本気モードの「自由人」を目指そう!

と、あらたなブログサイトを立ち上げました。

インターネットとの出会いは20年前

私がインターネットというものに触れたのは、
かれこれ20年前になります。

1995年11月23日、世の中にWindows95が発売され、
翌年に会社に研究名目でおねだりし、
当時値段が70万円はしたでしょうか、
高スペックのDECのノートパソコンを買ってもらいました。

それはもう有頂天ですよ。

その代わり、重さは4kg。ばけものですね。

車に積み込み、ムーバを繋いで、
超低速の帯域でチャットを良くしたものです。

1997年はICQのチャットで盛り上がる!

当時、イスラエルのMirabilis社により開発された
1996年11月サービス開始の「ICQ」という
インスタントメッセンジャー(IM)がマニアの間で流行ってて、

これでチャットやビデオ会話をしたものです。

当時としては画期的ですよ。

夜の11時から一定課金接続のテレホーダイ。
これを利用して世界中みんなが繋がる。

知り合いがPC立ち上げて接続状態になると、
画面上で通知されるんですね。

知り合いの女の子や外人のお友達が早く接続しないか、
ほんと心待ちにしてました。

1998年前後は、メーリングリストで情報交換

当時は、パソコンやる人って会社でもIT担当部署くらいで、
ビジネスマンが全員ノートPCを持ってる現在と比べれば、
ほんとまだまだマニアックな世界でした。

検索サイトといってもまだまだで、
ヤフーはすでに94年ころには立ち上がってましたが
98年にやっとグーグルが立ち上がったところです。

それが今や、グーグルの世界シェアは66%程度(2013年)、
時価総額は、世界第2位488.88億ドル、
日本円で約5兆7600億円程度ととてつもなく大きくなりました。

クローラーといわれるロボット型検索エンジン、
開発したのは自動情報収集プログラムなんですね。

私も、自動情報集金プログラムを構築して、
いち早く経済的自由を勝ち取りたいものです。(笑)

それにしても、たった20年前ですよ。

1999年冬には体を壊し入院、
しかし、速攻の2週間後には職場復帰

私は、そのころ仕事とストレスで胃を壊してまして、
その4年後、騒がれたIT2000年問題対処を前にして、
入院しみごとに胃をカットしました。

当時は、腹腔鏡手術なるものは一般的ではなく、
開腹手術です。みぞおちからおへそまでぐっと切るのです。

いや~、病気も病気でしたので、
気の弱い私は、そこで死ぬかと覚悟しました。

当時の経理担当役員から、
「国税局が入るので、退院したらすぐに出社してくれ」
その一本の電話です。

お正月を挟み、年明けには、傷をかばい少し背を丸めながら、
みごとに税務監査に無事対応。

なんでIT担当が出ずっぱりなの?

そう、そうなんです。
そのころから出来るものならデータで用意してほしい、と
お国も言い出したのですね。

まあ、忙しいということは良いこともあります。
病気したことを忘れるのです。
人間はそう簡単には死なないものです。

今に至っておりますものね。
まだまだこの時代で経験を積め、ということなのでしょう。

それから時は経ち、
世の中は、ますます便利になっておりますが、
反対に、小生は、わずかな知識と経験は多少つくにせよ、
寄る年波には勝てず、体力は衰えてきました。

責任だけは重い管理職となりまして、
身も心も不自由ななか、
日本人のサガでしょうか、
「元気に頑張る。気を遣う。ホウレンソウにコミュニケーション。」
「上にも下にも気を使い、有給休暇などまたのまた夢」

会社人生が順調に過ぎてまいりました。

それでもひとつの趣味だけは続けてきました。

それは、波乗り、サーフィンです。

下手の横好きとは申せ、かれこれうん十年。
しかし、これも40肩、50肩を患い、

パドリングができない丘立ちサーファーへ。
かれこれ3年が経ちます。

残念です。
再起をかけて現在心のリハビリ中。

昔は、ショートボード、
中断するころは、ちょっと長めのファンボード、

ロングにはまだまだ乗る気はしないのですね。

だって、アグレッシブじゃないですもん。
(ロングボードファンの皆さますいません)

とはいえ、
パドリングの速さでは十分負けますが...。

それ以外の趣味は、
とにかく「滑る」競技が好きで、

スキー、スノボー、スケートをやってました。

しかし、チャンピョンコースで転倒、滑落、
骨折しそうになったとき、
「こりゃ、骨折でもすりゃ、仕事に差し障る」

そんな奇特な考えて足を洗いました。
かれこれ10年になります。

あとは、誘われゴルフですね。

30代前半には80台前半でコースを回ってましたが、
今は見る影もなく、100を切ったら御の字です。

とにかく、楽しければいいのです。

しかし、ちょっと悔しいです。

実は、最近、ひそかに練習場へ通い、
スイングの改造に取り組んでおります。

ま、自己満足ですね。

 

もう一つスポーツ以外では、

ピアノ」が趣味です。

それも、コード進行ジャンジャン弾き、
ちょっとおかずを入れる程度で、
弾き語りをすることです。

大学時代にバンドを組んでまして、
一応コンサートなんぞもやっておりました。

ヤマハのポプコンにもエントリーし、
福岡大会では、みごと入賞と全員が確信しておりましたが、

落選。
そこで勉学に戻ることになります。
理科系でしたが、どうも製造業には向きません。
まったく関係ない小売業へと就職しました。

ここのところの話は、またあとに続けます。

 

自分のことは分からないのですが、
人や仕事のことは、たまにお告げが下りてきます。

ですから、仕事先では、預言者と言われておりました。

この予言と申しますが、この予感をうまく使いこなせておれば、
きっと今ごろビジネスエリートになっていたと思うのですが...。

世の中、そんなに甘いものではありません。

自分の思いや実力以上のものはやってきません。

確かに、強く望むこともありませんでした。

 

そんなわたしが、偉そうに、
「今を切り取る 明日のためのヒント」
「旬な出来事」や「生きるヒント」というブログを書くのか。

それは...、
この年になっても成長したい。

いままで勉強してきたんじゃないの?
いや、中途半端なのです。

今まで何をしてきたのだろう。
それが、はっきりとした人としての実感がないのです。

本を読み、数多く立ち読みもし、
ネットの情報も数多く調べ取り入れてきた。

それは、ただ読んだというだけであって、
実態として自分自身の奥底に叩き込まれてない気がします。

そこまで大袈裟に生き方を捉える必要はないのだけれども、

自分のためにも、

そして...、

迷い、
模索し、
手探りから何でもいい
ささいな事からでもいい、
わずかなヒントでもいい、
助けになれば、
そんな何かを掴みたい、
そんな確信を掴みたい、
そう望んでる、
私と同じような人たちへ

とにかく発信したい、

そう思っています。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

ご意見や感想をお待ちしてます。

(Visited 259 times, 1 visits today)